熊野古道とは   
熊野三山へと続く信仰の道 熊野古道。
熊野三山とは、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智山青岸渡寺、熊野本宮大社を含む三社一寺の総称です。速玉が前世の罪を浄め、那智が現世の縁を結び、本宮が来世を救済するといわれ、熊野三山を巡れば、過去、現在、未来の安寧を得ると考えられ、古くから多くの人たちが熊野古道を歩いて熊野三山を訪れました。熊野古道は、熊野三山のご利益を願う人々の足跡が残る祈りの道です。
2004年、熊野三山を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」はユネスコの世界遺産に登録されています。
   
本宮大社周辺

・発心門王子〜本宮大社
・小広王子〜発心門王子
・赤木越え
・大日越え
・小雲取越
・小辺路 果無越
速玉大社周辺

・川の熊野古道 熊野川川舟下り
・高野坂(速玉大社〜那智駅)
那智大社周辺

・大雲取超
・大門坂〜那智大社・那智の滝
・那智駅〜那智大社・那智の滝
 
 熊野古道ウォークコース




 

熊野古道ガイド情報
熊野古道を歩くなら、見どころを案内してくれる「語り部(ガイド)」と一緒に歩くと、一層心に残ることでしょう。

熊野古道関係リンク集
・和歌山県街道マップ
・和歌山県世界遺産センター

ページの先頭へ


熊野エリア観光推進実行委員会 事務局:和歌山県東牟婁振興局内
和歌山県新宮市緑ヶ丘二丁目4−8 TEL 0735-21-9649 FAX 0735-21-9640